カフ ェ カエ

厄除・幸運招来の神社「鎌倉宮」や苔寺としても有名な「杉本寺」など、歴史的観光名所も数ある緑深い鎌倉の奥座敷、二階堂。海と山の双方から吹いてくるそよ風を心地良く感じられる静寂に包まれた街です。今回ご紹介するのはこの街にひっそり佇む『cafe kaeru(カフ ェ カエル)』です。

カエルカフェ入り口

新緑の風薫る美しい庭園で一息

まずはこの店のお庭の美しさに足を止めずにはいられません。緑溢れるお庭には東屋もあり、可愛らしいカエルの置物もちらほら。どこに隠れているのか探してみるのも楽しいです。

お天気の良い日には外のテラス席もおススメですが、今日はサンルームに柔らかい光が差し込む明るい店内での食事に。奥には落ち着けるソファー席もあり、お子さんと一緒の時に はそちらがお勧め。ソファー横の本棚には絵本があり、自由に読むことができます。

鎌倉カフェ カエル
鎌倉カフェカエル

築 70 年の自宅家屋で営むカフェで味わう丁寧な料理

マスターの五十嵐哲男さんが、築 70 年の自宅を改装してカフェをオープンしたのは8年 前。務めていた会社を定年退職し第二の人生を考えた時に、家族と一緒にカフェでもやろうかと思い立ったそうです。お料理は奥様とお嫁さんのはるなさんが、フロアー はマスターが担当しています。今では地元の方々にはもちろん、観光で訪れる人々にも人気の隠れ家カフェです。

和食、洋食の枠を超え、素材の良さのみに拘った豊富なメニューもこの店の魅力の一つ。新 鮮な鎌倉野菜をたっぷり味わえる季節の野菜どんぶりや本日の定食など、食べ応えのある料理から、卵サンド、ミートパイなどの軽食メニューまであるので、その時の気分に合わせた料理が頂けるのも嬉しいです。

今日は子供ともシェアできそうな「小判弁当(1,500 円)」をオーダー。曲げわっぱを開けた瞬間に立ち上る、甘辛な匂いが食欲を掻き立てます。温かいごはんの上には、地鶏の照り焼きとごぼうのきんぴらが。柔らかい地鶏とシャキッとしたごぼうが奏でる絶妙な食感がたまりません。この甘辛な味は子供も大好きなはず。今日の小鉢は、手作りのゴマだれをかけた冷や奴。小鉢にまで手を抜かない、丁寧な料理が味わえます。ごはんの量も多いので、子供とのシェアは勿論、パパのお腹も満足できるお料理です。

食後のデザートやお散歩の疲れを癒してくれるスイーツにお勧めなのが「焼き立てアップ ルパイ(600 円)」。焼き立てのパイの上には自家製のリンゴのコンポートとバニラアイスが添えられています。とろりと解けるアイスを絡めて召しあがれ。

カフェオレボールでいただくカフェオレ(600 円)。オーダーが入ってからマスターが豆を 挽いて一杯ずつハンドドリップしたコーヒーに、泡立て器で泡立てた温かい牛乳を注いで 出来上がり。寒い季節には心まで温まります。

店内外に潜む、カエルを探してみてください

梅雨を迎えるこれからの季節に特におススメのこちらのカフェには、かわいいカエルがたくさん潜んでいます。マスターの五十嵐さんはカエルが大好きで、お店をオープンする際に カフェの名前も『カエル』にしたそうです。カエルをモチーフにしたものを元々いくつか持 っていてそれらを店のインテリアの一部にしていたのですが、今ではお客さんからプレゼ ントされた絵や置物もあるそうです。お庭にはカエルの置物が数点あり、雨の日には雨に濡れるカエルを探してみるなんてもの楽しいですよね。

晴れた日に訪れると、緑に包まれながら心地良いリラックスタイムを楽しめるこのお店は、 雨の日に訪れても趣があり、雨音を BGM に鎌倉らしいほっこりとした時の流れを楽しめ ます。雨の日には雨の楽しみ方を、ここで探してみませんか?

こちらのカフェに訪れたならば、歩いて10分程の場所にある『報国寺』を訪れてみるのはいかがでしょうか?竹寺と呼ばれるこちらのお寺には、約2千本以上の孟宗竹(もうそうちく)が天に向かって生い茂る壮観なお庭は圧巻の美しさです。

こちらの記事も併せてご覧ください。

夏の鎌倉観光は涼しいお寺でパワーチャージを!

基本情報

店名cafe kaeru(カフェ カエル)
電話番号0467-23-1485
住所神奈川県鎌倉市二階堂 936
営業時間11:00~17:00 定休日 水曜日、木曜日
喫煙店内全面禁煙
子どもBABY OK
URLhttp://cafekaeru.com/

地図

モアーナ編集部Y.Ito

この記事のライター:Y.Ito

東京の某ラジオ局の広報職を経て、雑誌やフリーペーパーのライターに。鎌倉在住。音楽と美味しいごはんが大好き。子育て中のママ目線で、湘南の遊び方を提案していきます。

最新情報をチェック
いいね!してね