歴史と伝統と最高の立地

日本屈指の観光地である鎌倉と江ノ島の間の国道沿いにあるのが、ここレストラン「Main」です。江ノ電「稲村ケ崎」駅から徒歩で約5分ほどにお店はあります。

創業は1968年で、現在の湘南文化を象徴する先駆け的な存在で、半世紀にわたりこの地で営業を続けています。店内全席オーシャンビューで眺めは最高、何といっても夕日が海に沈む様子の美しさは例えようがないほどです。

立地的に富士山や江ノ島が一望できるため、今も昔もたくさんの方々に愛され続けています。2017年6月20日に全面リニューアル工事が完了し昭和40年当時の2号店をイメージした店舗に生まれ変わりました。内装は気をふんだんに使ったナチュラルな雰囲気で、清潔感があり落ち着いて景色と食指を楽しむことができます(#^.^#)。

最高のロケーションで絶品洋食!!

こちらでおすすめなのが、特製のデミグラスソースで味わう「MAINのハンバーグステーキ」です。特製のデミグラスソースは約30種類の材料を、丁寧に手間暇かけて仕上げられています。「AUS牛 鉄板サーロインステーキ ツゥーシャンパイユソース」は脂身の少ない柔らかい肉とソースがベストマッチ、女性のお客さんもペロリと平らげています(*^^)v。

地元の野菜などもふんだんに使われており、中でも三浦野菜はデザートを除く全メニューに使われているほどのこだわりです。その他にも三崎直送のマグロや地シラスを使った料理もおすすめです(*´▽`*)。
シェフ一押しのメニュー「三崎直送鉄板まぐろの小頭ステーキ」は別名「脳天」とも呼ばれるまぐろの頭にある希少部位で、その肉質は極上の柔らかさと確かな旨味があります。他ではあまり食べられませんし、鎌倉訪れた際の思い出に食してみてはいかがでしょ~か(*^-^*)。

江ノ電と温泉と最高の食事

レトロな雰囲気で若者にも人気の高い「江ノ電」とレストラン「Main」の隣には、鎌倉黄金の湯「稲村ケ崎温泉」があり、鎌倉と江ノ島の間という立地も文句のつけようがありません。

隣接している「稲村ケ崎温泉も」同時期にリニューアルしており、観光などで訪れた方の疲れを癒しています。江ノ電で訪れ、温泉で疲れを癒し、お酒と共に最高の食事を最高の景色と共に味わう、そんな夢のような時間を過ごすことができるのがレストラン「Main」です。そんな贅沢な時間を、日々頑張っているご自身に、プレゼントしても良いのではないでしょうか(^_-)-☆。

基本情報

所在地〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1丁目16−13
お電話 0467-24-0235
HPhttps://www.restaurant-main.jp/

地図

最新情報をチェック
いいね!してね