茅ヶ崎駅北口から徒歩2分。エメロード商店街を入って、最初の角を右折すると、ウェルド・イエローと呼ばれる深い黄色と赤との、スペイン国旗をイメージした看板が目に飛び込んできます。ここ『パティオ』は、2016年の秋にオープンしたスパニッシュ・レストラン。<中庭>を意味する店名どおり、ドアを開ければ、明るいダイニングバーから、落ち着いたダイニングルームへと、爽やかな風が吹き抜けるような心地よい空間が。茅ケ崎で体験する、小さなスペインの旅に出かけましょう。

スパイシーで情熱的な「フラメンカ」

スペイン料理とくれば、ここは元気よく、「パエージャ(パエリア)!」といきたいところです。でもあいにく、30分ほど調理時間がかかるとのことで、ランチの人気メニューから、1日10食限定の「フラメンカハンバーグ」を注文。トマトソースに落とした半熟卵を、真っ赤なドレスを翻して踊るフラメンコダンサーに見立てた、スペインの卵料理に由来するお料理のようです。

グツグツと音を立てている深皿のなかには、和牛の粗挽き肉で作った小ぶりのハンバーグが、熱々のソースをまとってゴロゴロ。一緒に煮込まれているのは、パンチのきいたチョリソー・ソーセージと、スペイン名物カジョスです。
カジョスとは、日本語ではハチノス、イタリア語ではトリッパと呼ばれる牛の胃で、ヨーロッパでは定番の食材。丁寧に下処理され、濃厚でスパイシーなトマトソースをたっぷり吸ったカジョスは、クセも臭みも感じさせません。ふんわりと口当たりも柔らかく、病みつきになる人も少なくないとか。

各種ハンバーグ、または、こちらも人気の自家製パスタのランチセットには、パン、ライスまたはバターライス、サラダとドリンクが付いてきます。旨みたっぷりのソースを、最後までしっかりパンでこそげていただいた「フラメンカハンバーグ」のセットは、1300円(税別)でした。

ランチで人気の「フラメンカハンバーグ」は、カジョスが入ったモツ煮込み風。

ぜひ試してほしい「前菜3種盛り」

もうひとつランチでお薦めしたいのが、日替わりの「前菜の3種盛り」。この日は、新鮮な鰯のマリネ、サーモンのブルスケッタ、生ハムとサラミの3品という、思わずリオハ産のワインが欲しくなる取り合わせでした。ほのかな野性味が魅力の生ハム「ハモン・セラーノ」も堪能できて、量もたっぷり。しかもお値段なんと580円(税別)とは、嬉しくなってしまいませんか?

本日の「前菜の3種盛り」。シェリー酒にもよく合います。

ランチで注文できる‘直球の’スペイン料理は、このほか海の幸のパエージャ(2人前~)、アホ(ニンニク)のスープ、スペイン風オムレツ、小海老やチョリソーのアヒージョなど。何度も足を運んで、一皿ずつ攻略してみたくなりますね。夜は3種類のディナーコース(4名以上。1人税抜き2500円~)や、各種パエージャほか、豊富な単品料理が手頃な価格で楽しめます。

その日の気分や顔ぶれで、席も雰囲気もお好み次第

このお店で面白いのは、どこに席を取るかで、ガラリと違う雰囲気が味わえることです。手前のダイニングバーには、テーブル席にカウンター席、そして真っ赤なハイテーブルとチェアの、クラブチックなコーナー席。4面の大型モニターが設置されており、サッカーや野球の試合がある夜は、スポーツ観戦に興じる人たちで賑わいます。

打って変わって奥のダイニングルームは、白い壁にウッドワーク、天井からはアイアンシャンデリアというシックな空間。といっても堅苦しさはまったくないので、デートでも家族での食事でも、肩を張らずに利用できます。アラベスクやモザイクがモチーフの、随所に散りばめられた小さく美しい装飾を、お店を作った人のこだわりや心遣いを感じつつ、探してみるのも一興です。

「女性はもちろん、男性のお客様にも、より親しんでいただける店にしたいですね」と、チーフシェフの西森啓太さん。「ディナーだけでなく、バルとしても気軽に足を運んでもらえると嬉しいです」とのこと。3種類のシェリー酒の飲み比べ(税別680円)では、南欧のお酒ならではのダンディーさ、粋さ、色っぽさに、開眼するかもしれません。

みんなと集まる「中庭」レストラン

お店を出て、ふとあの黄色い看板に目をやると、そこには店名と、その下に少し小さな文字で、”PATIO para todos”と書かれているのに気づきました。西森シェフたちが目指すのは、パティオ・パラ・トドス、つまり「みんなの中庭」だったのですね。一日の終わりに家族や友だちと待ち合わせて「中庭」に集い、スペイン人のように、飲んだり、食べたり、おしゃべりしたり、そして新しい友だちと出会ったり。湘南ライフがまたワンランク、豊かで楽しくなりそうです。

西森チーフ(後ろ中央)とスタッフのみなさん
建築家ガウディによる、グエル公園の大トカゲを連想したあなたはスペイン通?!

基本情報

店名PATIO
電話番号0467-88-5110
住所茅ヶ崎市新栄町9-7 IDKビルディング1F
営業時間11:00~15:00 (L.O. 14:00) /17:30~23:00 (L.O. 22:00)
※定休日前日の夜の営業は、17:30~22:00 (L.O. 21:00)
定休日月曜(月曜が祭日の場合は翌火曜)
喫煙テラス席以外禁煙
子ども乳児から同伴可。
チャイルドチェアあり/ベビーカー入店可/離乳食持ち込み可
その他車椅子入店可/ペット同伴可(テラス席)/スポーツバー/ライブショーなど
サイトhttps://www.facebook.com/elpatio2016
https://www.instagram.com/chigasakipatio
モアーナ編集部Y.Tanaka

この記事のライター:Y.Tanaka
教育、ビジネス、国際、文化など多方面で取材執筆。国内外ともに人物インタビューも多い。「よし、がんばろう!」と、毎朝張り切るが、何をどうがんばるのかが、よくわからず、「ま、明日ね」と眠りにつく楽しい日々。

最新情報をチェック
いいね!してね