べっぴんの豆柴ちゃんが勢揃い

「鎌倉乃豆柴カフェ」は2018年3月16日、小町通りにオープンしました。豆柴カフェは、京都に2店舗、倉敷に1店舗展開していますが、関東エリアには初登場となります。先頃、表参道・竹下通りにもお目見えしたようです。今回、平日の開店前にお邪魔したところ、既に開店を待つお客さんが6人ほどいらっしゃいました。

鎌倉店の場合、入場制限が28名となっており、入店後30分で入れ替えとなります。週末には、60分〜90分待ちとなる時間帯もあるようで、お店の人気が伺えます。混み合っていない時間帯なら、30分以上滞在してもOKです。鎌倉店には生後3か月から5歳までの豆柴ちゃんが13頭います。毛色は赤茶、黒、白、みんな女の子ということです。上の写真は福豆ちゃん。べっぴんさんの上、人懐っこくて人気者です。

柴ちゃんが調和するノスタルジックな空間

古都・鎌倉の町中というロケーション、店内は哀愁漂う“昭和”の世界です。ちゃぶ台にブラウン管テレビ、畳の上を駆け回る柴ちゃんは、このシチュエーションに馴染んでます。どの子も唐草模様のバンダナを身につけ、とても似合ってます。和のテイスト同士、相性バツグンです。ちなみに、テレビからは山口百恵さんの「赤いシリーズ」が流れていました。上の写真は黒豆柴の円豆ちゃん、5歳です。

抱っこは禁止、膝の上に乗ってくる甘えん坊はOK

店内にはいくつかルールがあり、柴ちゃんを抱きかかえることはできません。優しく撫でてあげてください。たまに、柴ちゃん自ら膝の上に乗ってくる甘えん坊がいますので、その時はどうぞ膝の上で寝させてあげてください。食べ物や飲み物の持ち込みは禁止、入場料にワンドリンクが含まれていますので、店内のサーバーにある12種類の飲み物から選んでください。飲み物には必ず蓋をして、手荷物は畳に置かず、所定の荷物置き場に置いてください。

店長の岡崎さんは京都・清水寺店の勤務を経て、鎌倉にやって来ました。セラピードッグの訓練施設での勤務経験もあり、ワンちゃんとのコミュニケーションもバッチリです。自然に岡崎さんの足下に柴ちゃんたちが集まってくる姿が愛らしくて堪りません。
岡崎さんによると、ここの柴ちゃんたちは、みんな静岡県にある豆柴専門ブリーダーの出身。繁殖を終えた5歳の子たちも多く在籍しているようです。平日でも人通りが絶えない小町通り、オープン以来、癒しを求めて入店するお客さんが多い中、海外での柴犬人気も相まって、訪日客の来店も増えているようです。

右の子は最年少、生後三ヶ月。左の子は「小町」ちゃんと名付けられた美人さん、3歳です。

鎌倉駅から鶴岡八幡宮に向かう小町通り、やや鶴岡八幡宮寄りに「鎌倉乃豆柴カフェ」はあります。オープンは10時から、入店は17時までとなります。ワンドリンク付の入場料が大人(中学生以上)780円、小人(4歳〜小学生)580円、3歳以下(保護者同伴)は無料となります。鎌倉観光のニューフェイス、ノスタルジックな癒しポイントに足を運んでみてはいかがでしょう。

豆柴カフェを目指して鎌倉に来るならば、豆柴カフェのある小町通りでの食べ歩きを含んだモアナおススメの鎌倉半日旅行プランで鎌倉を満喫しましょう!

鎌倉をさくっと半日旅行!大満足のモデルコースを紹介します

基本情報

店名鎌倉乃豆柴カフェ
場所鎌倉市雪ノ下1-6-4 濱照ラフィネビル2F
お電話0467-53-7001
営業時間10時〜17時30分(閉店30分前最終入場)/年中無休
HPhttp://owls-cats-forest.com/free/mameshiba-kamakura

地図

モアーナ編集部H_MOLETSU

この記事のライター:OH_MOLETSU
航空・旅行業界関連メディアで海外取材を数多く経験。アメリカ、カナダ、メキシコ、ドイツ、スイス、オーストラリア、タイ、ベトナム、インドネシア・・・非日常の空気を肌で感じつつ、様々な食や現地の人たちと触れあう旅に刺激を受ける。湘南に住む現在、愛犬の豆柴ちゃんと遊んだり、茅ヶ崎から稲村ヶ崎の海沿いをジョギングする日常を楽しむ。

最新情報をチェック
いいね!してね