“えのすい”の愛称で親しまれている『新江ノ島水族館』は、新展示「カピバラ ~陽だまり の草原~」を夏休みに先駆け7月14日(土)にオープンします。この夏“えのすい”の目玉となるのは、南米の水辺の草原に生息する癒し系動物カピバラです! また“えのすい”では現在、夏休みに向けたスペシャル企画「えのすいワンダーアクアリウム 2018 Summer Day & Night ~昼はわくわく、夜はドキドキ~」を開催中。夜まで楽しめるこの夏の“えのすい”をご紹介します。

新江ノ島水族館

“えのすい”の新しい仲間「カピバラ」で癒される夏!

えのすいカピバラ

今週末にオープンする“えのすい”の新展示「カピバラ ~陽だまりの草原~」。今年3月にえ のすいファミリーに仲間入りした「コツメカワウソ」に続き、またしても癒し系動物がお目見えします。南米の水辺の草原をイメージした飼育エリアには本物の芝生が植えられており、 カピバラがモグモグと草を食べる愛らしい姿を目にすることが出来ます。穏やかな性格のカピバラは子供にも大人気の動物です。

南米の魚たち

また、このエリアに併設されている新ふれあいプログラム「さかなのもぐもぐプール」では、カピバラの生息する南米の魚たちに餌やりができます。生き物との距離を縮めることができるこのプログラムもおススメです。場所は「ウミガメの浜辺」の隣です。

夏は20時まで営業!夜まで楽しめる「えのすいワンダーアクアリウム 2018 Summer Day & Night ~昼はわくわく、夜はドキドキ~」も開催中

10月15日追加:こちらのイベントは終了しました。

夏休みの期間中はイベントが盛りだくさんの“えのすい”。昼も夜も水の生き物たちのショーやイベント、体験プログラムが満載です。期間中は光の演出「ゆらぎの海廊~Day& Night ~」が館内を彩り、海に射し込む心地よい光のゆらぎをたのしめます。7月14日(土)からは営業時間が夜8時までに拡大され、夕方5時に光の演出が変わると夜のナイトプログラムがスタート。こちらの写真は幻想的な夜の演出。夕陽に染まる日没寸前のロマンティックな江の島の風景を想わせます。

ロマンティックな江の島の風景

夏季限定のイルカショー「今夜はイルカ Night」、えのすい初ナイトダイビングショー「今夜はサカナ Night」、クラゲショー「今夜はクラゲ Night」も毎日開催されます。

今夜はサカナ Night
今夜はサカナ Night
今夜はイルカ Night
今夜はイルカ Night

モアーナは、夏しか楽しめない午後5時からの来場をお勧めします。少しだけ空いた館内は 日中よりものんびりと魚達の姿を眺める事が出来ます。「今夜はイルカNight」は必ず観たい ショーの一つ。昼のえのすいトリーター達によるハートフルショー「きずな/kizuna」やイルカが音楽に合わせて踊る「ドルフェリア」とは一味違ったプログラムで、通常よりも短い10分 間のショーですが、イルカやクジラを身近に感じられる見応えのあるプログラムですし、 時間が短い分子供も集中して観てくれます。また、夕陽に照らされながらジャンプするイ ルカたちの姿が美しく、とても感動的です。

今夜はイルカNight

ピンク色に染まる江の島の空と、海に浮かぶ黒富士を眺めることができるのは夏のこの時 間だけ。”えのすい”のスタジアムやオーシャンデッキは絶景ビューポイントになります。イ ルカショーの後は、湘南ならではのこの美しいマジックアワーを、家族や大切な人と一緒に 楽しんでください。

基本情報

店名新江ノ島水族館
住所神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
お電話0466-29-9960
営業時間HPhttp://www.enosui.com/basicinfo.htmlをご覧ください
定休日年中無休
料金大人2,100円 高校生1,500円 中・小学生1,000円 幼児600円 (※大人料金は、2018年7月14日より 2,400円に改定)
子どもBABY OK
喫煙店内全面禁煙
HPhttp://www.enosui.com/

※記事内の価格表示に関してはすべて税込み表示になっております。

モアーナ編集部Y.Ito

この記事のライター:Y.Ito

東京の某ラジオ局の広報職を経て、雑誌やフリーペーパーのライターに。鎌倉在住。音楽と美味しいごはんが大好き。子育て中のママ目線で、湘南の遊び方を提案していきます。

最新情報をチェック
いいね!してね