えのすい

夏の青空の下は、やっぱり海に行きたくなりますよね。でも海に入るとどうしても潮で髪がパサパサ、メイクも崩れがちになるのが女子の悩みですが、「新江ノ島水族館」こと「えのすい」室内なので、身支度も万全にできつつ、夏を思いっきり満喫できちゃいます。

新江ノ島水族館

“えのすい”の愛称で知られる「新江ノ島水族館」は、神奈川県藤沢市の湘南海岸沿いの江ノ島にあります。小田急線の片瀬江ノ島駅を出て、江の島を通り過ぎたら、「新江ノ島水族館」に到着。海の目の前にあって、江の島はもちろん、天気のいい日には富士山も一望できる、何とも贅沢で素敵なロケーション!湘南デートにハズせない人気スポットです。

新江ノ島水族館

えのすいはドラマのシーンにもよく使われる場所(何と月9で桐谷美玲ちゃんも訪れていました!)で、ミーハー心をくすぐられる一度は訪れてみたい場所です。

水族館には欠かせないイルカのショーは、目の前に海が見える開放感たっぷりのスタジアムで楽しめる、えのすいの定番スポット。さっきまで海を眺めていた分、なんだかそのまま海の中へ入っているような気持ちになれてしまいます。

他にも、ペンギン、アザラシのプール、太平洋の生き物を集めた水槽など、見どころいっぱいの「えのすい」。中でも、注目したいのが「相模湾ゾーン」。世界に類を見ない多くの生き物がいる相模湾を再現した巨大な水槽は圧巻!大小いろんな魚がゆうゆうと泳ぐ様子を見ていると、時間が経つのも忘れてしまうかも…。

また、えのすいでは幻想的な展示空間も人気です。イチオシは幻想的でロマンチックな「クラゲファンタジーホール」内にある球型水槽、「クラゲプラネット 海月の惑星」。クラゲを美しく展示するために考えられたという球型の水槽は、クラゲの体内がイメージされて作られており、素敵な照明演出によりロマンチックな空間が広がってるので、デートにぴったりのおしゃれな雰囲気で、とても印象的な空間です。

水槽の外側には海水が流れ落ち、クラゲが涼しげに漂う……そんな様子を見ているだけでヒーリング効果は抜群!幻想的な空間が、まるでアートの世界にいるように、癒しを与えてくれそうです。

3Dプロジェクションマッピングを取り入れたクラゲショーは世界的にもとても珍しく、えのすいの見どころの一つともなっています。また夜の水族館も幻想的です。17時からのスペシャルイベント「ナイトワンダーアクアリウム」では夜ならではの展示空間で夏の暑さも忘れてしまうような、ひんやりした空間が広がっています。“夜のえのすい”も楽しみたいですね。

優雅で美しいハナガサクラゲ – Flower hat jelly

にぎやかな江の島もいいけど、たまにはゆっくり海辺で大人な時間を楽しみたい。そんな時にぴったりな「えのすい」。海で遊ぶだけじゃない。色んな表情の湘南を楽しんでみてはいかがですか。

新江ノ島水族館
【住所】〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
【電話番号】0466-29-9960
【URL】http://www.enosui.com/

最新情報をチェック
いいね!してね