鎌倉鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は神奈川県鎌倉市にある神社です。日本三大八幡の1つで、鎌倉時代から江戸時代までの武士達のよりどころだったようです。鶴岡八幡宮のみどころ、ご利益そしてパワースポットにふれながら、訪れる醍醐味をお伝えします。

鶴岡八幡宮の見どころ

源頼朝が創建した鎌倉幕府を象徴する建築物

鶴岡八幡宮は源頼朝の守り神である八幡神がたてまつられている神社です。源頼義が京都の石清水八幡宮の分霊を鎌倉に迎えたいということが始まりのようです。ここに、京都と鎌倉のつながりが垣間見えます(^▽^)八幡宮の本宮には八幡宮と書かれていますが、この八は2羽の鳩を表しているそうです。理由は鳩が鶴岡八幡宮の使いだったからだそうです。鳩サブレも八から来ていたんですね~。

鎌倉鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は駅から近いこともあり、鎌倉を代表する観光スポットにもなっています。見どころは本宮(上宮)、若宮(下宮)はじめ、季節の折々に咲く桜や藤などの花々や桐などの木々、舞殿で神前結婚式をあげられた新郎新婦、ご利益&パワーを得られる数々のスポットではないでしょうか♪鶴岡八幡宮へ行けば何か整いそうな期待感があるのは私だけでしょうか(・_・)??

ご利益が豊富な鶴岡八幡宮

鎌倉鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮を訪れると、たくさんのご利益を受けられるのも人気の1つのようです。

・再生・生命力

病気からの回復を願う方に

・安産・縁結び

元気なお子様を産みたい、あの人と結婚したい、あの子と恋愛したいなど

・商売繁盛

起業を考えている、経営の繁栄を願いたい、経営危機を乗り越えたいなど

・学業成就や必勝祈願

受験をしようとする人、受験に失敗した方に。

・開運招福

運気をつけいい事が起こりますようにと願っている方に。

運、仕事、恋愛、結婚、安産、病気などあらゆる面で御利益をを受けることができそうです。ご利益の豊富さは百貨店的だなと感じ入ります(☆-☆)

大銀杏~再生・生命力の息吹きと神秘

がんばれ大イチョウ 鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮の大階段からも、階段の下からも見える大銀杏、樹齢1000年とも言われていたにもかかわらず2010年3月10日に倒れてしまいました(><)しかし、すぐに再生への大がかりな取り組みが行われることに☆(。。)☆ 

根元は残し、根元から4メートル部分の幹を切り離し、切り離した幹を隣に移植しました。大銀杏のものすごい生命力のおかげもあり、2週間後には2センチほどの新芽を出したそうです。その後順調に成長し、2017年の地点で移植した親大銀杏よりも根元部分から再生した子大銀杏の背丈が高くなるまでに成長を遂げているようです(♡▽♡)

旗揚弁財天(政子石)~安産・縁結びのご利益

旗上弁財天社

鶴岡八幡宮入ってすぐの右手に源平池があり、その中に旗揚弁財天はあります。北条政子の夫、源頼朝が旗揚げする時の勝利を願って建てられたそうです。頼朝は政子の安産を願い、石を作りました。後々政子石と呼ばれ、訪れた人に安産や縁結びのご利益がある石となっています。ゴールインすれば、そのまま鶴岡八幡宮内で神前結婚式なんていうのも素敵ですね♪

丸山稲荷社~商売繁盛にあやかりたい方に

倉稲魂神

鶴岡八幡宮より先に建てられていたとされる室町時代からの社です。鶴岡八幡宮の主というところでしょうか(゜▽゜)本宮の西側に鳥居がたくさんあるところを登っていけば到着するようです。商売繁盛にふさわしく、丸山稲荷社の社&柵と同じ赤色の旗で社は囲まれており、いかにも商売繁盛しそうな気配がします(\ⅴ\)

白旗神社~学業成就や必勝祈願に訪れたい場所

白旗神社

鶴岡八幡宮から北東に行くと白旗神社が見えてきます。白旗神社という名前の神社は全国に約60もあるそうです。しかし、総本山は鶴岡八幡宮なのだそうです(^^)頼朝の旗は白旗だったので白旗神社と名付けられました。対照的ですが源頼朝公とその子の実朝公がたてまつられている社殿は黒塗りです。学業成就や必勝祈願のご利益があるとされています♪

鶴亀石で開運招福

鶴亀石

白旗神社に向かう途中で2つの石に出会います。鶴亀石と呼ばれ、水で表面を洗えばなんと、鶴と亀が浮き出てくるといわれているとても縁起のいい石のようです☆開運招福のご利益を受けたい方はぜひ訪れてみてはいかがでしょう(♡∇♡)

鶴岡八幡宮を訪れる人は、ご利益はもちろんパワーをもらって帰ることができるのだそうです。それもそのはず、数々のパワースポットが広い敷地内にあるからです!そんな鶴岡八幡宮のパワースポットについてみていきましょう(^▽^)♡)♡)♡)♡

みなぎるパワーが満ち溢れているスポット~大石段・本宮

見事に起死回生を果たした大イチョウの真横に大石段があります。大木と言えども一度は朽ちた木、よみがえるためには、木自身の生命力や条件だけではなくその場所にパワーがあったからこそではないでしょうか?そのパワーとして、本宮に続く大石段、そして朱色に彩られた力強い本宮の力&ご利益が影響してそうです(☆=☆)

どんな困難にも立ち向かう頼朝の分身?大イチョウ

2010年に一度倒れたものの、見事復活を果たした大イチョウ。その昔、公暁という僧がこの大イチョウの木陰で待ち伏せし、なんと頼朝を殺害したという伝説もあるそうです(*□*)大イチョウが倒れたのが公暁の負のパワーが原因だったとしたら(‘へ‘)それにも屈せずに再生した大イチョウ、鶴岡八幡宮のパワーが集まったからかも知れません♡

丸山稲荷社

源頼朝の妻の北条政子が頼朝をたてまつったとされる社が丸山稲荷社です。こんな逸話があります。豊臣秀吉が頼朝公にあやかろうと丸山稲荷社を訪れたそうです。秀吉が訪れた時はまだ、頼朝像があったそうで、頼朝像をなでながら天下を語ったと言い伝えられています。

旗上弁財天社・政子石

旗上弁財天社の裏手に政子石があるようです。パワースポットと言われている政子石。パワーストーンはいい気も悪い気も吸収している状態にあるそうです。出来れば悪い気をもらうことのないようにしたいものです。パワーストーンを浄化するアイテムの1つに月の光があります。満月の月の光に照らされた翌日に政子石を拝みに行けば、浄化後のいい気をもらって帰れそうです☆

今宮(新宮神社)

後鳥羽、土御門、順徳の三天皇がたてまつられている今宮では、負のパワーが浄化されそうです(@V@)と言いますのは、後鳥羽上皇は承久の乱で頼朝に敗戦しましたが、その後、戦で功績のあった頼朝サイドの方々が九死や変死に見舞われたそうなんです(!(>へ<)!)そこで今宮が後鳥羽上皇の怨念を鎮めるために建てられました。後鳥羽上皇の怨念はじめ負のパワーを吸収しているからか、今宮周辺はどこか寂しげな空気感もあるようですが、お参りした後は負のパワーを吸収してもらえるので清々しさを得られるようです。

鶴岡八幡宮のイベント・祭事~行くならこの時期

鶴岡八幡宮は1年を通じて様々なイベントや祭事が用意されています。その中で特におすすめは七夕と9月に行われる例題祭です。それぞれの魅力をみていきましょう(^▽^)/

優雅さ光る~7月7日 七夕祭

鶴岡八幡宮の七夕祭はとても優雅です。雅楽が鳴り響く中、巫女さん達が舞います。そのパワーが七夕飾りの吹き流しを青い空に向かってなびかせているかのようです。お花でデコレーションされた吹き流しが風とともに揺れる風景は優美です。広い境内は彦星&織姫モードとなり、池に住む亀やそこに咲く花々も七夕祭を楽しんでいるように見えてきちゃいます(♡△♡)

鶴岡八幡宮七夕祭

年中行事で最大~9月14日から16日~例大祭に行こう

例大祭は鶴岡八幡宮で最大のイベントで、放生会や流鏑馬が始まったことが由来とされます。放生会は鳥や生き物を野に放つ儀式で、殺生を戒める意味があるそうです。15日が山場であり、14日は由比ヶ浜で禊(みそぎ)が行われる前夜祭、15日は大勢の参列者を迎えて本番、16日に流鏑馬の儀式が行われるようです。15日には神前に供えられた鈴虫の音が鳴り響き癒されます。前夜祭に行けば、本番に向けてみなぎるパワーが得られそうですし、本番に行けばそこに集う人々のパワーに圧倒されそうです(♡_♡)

パワーをもらおう~9月16日~流鏑馬という神事

境内の流鏑馬場で盛大に流鏑馬の儀式が行われます。3つの的を馬に乗りながら射抜く神事はまさに神業!この日は前日に神前に供えられていた鈴虫の放生も行われることになるようです。

神奈川県で第2位の人気を誇る紅葉

鶴岡八幡宮では、11月下旬から12月上旬頃になるとカエデやモミジが真っ赤に染まります。本宮の朱色とのグラデーションが何とも素敵に見る人の気持ちを明るくしてくれるそうです。特に源平池周辺は橋の赤&モミジの赤&池の様子に注目です(^0^)ただ、休日は混雑が予想されるので、より紅葉のパワーを感じたければ平日ですね(♡▽♡)

御朱印はどこでもらえるの?

御朱印

鶴岡八幡宮の御朱印がもらえる場所は時間帯によって違います。社務所または祈祷受付所でもらうことができるようです。

・8:30~18:30:祈祷受付所

それ以外は社務所でもらえそうです。参拝が終わってからもらうのが効果的のようです(○♡▽♡○)

最後に…

鎌倉といえば鶴岡八幡宮と言われるだけあり、その大きさ、ご利益の数、パワースポットの結集度など一度は訪れてみる価値はありそうです。紅葉は京都や奈良を思わせる風情もあり、力強さの中にも可憐な一面を垣間見ることが出来そうです。今年はは鶴岡八幡宮に決まりでいかがでしょうか☆

基本情報

所在地神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
電話番号0467-22-0315
最寄り駅JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」
アクセス【電車】JR横須賀線「鎌倉駅」東口徒歩10分、江ノ電「鎌倉駅」徒歩10分
アクセス【車】横浜横須賀道路「朝比奈IC」から5km
駐車場あり
ホームページhttps://www.hachimangu.or.jp/

地図

ストリートビュー

モアーナ編集部モアーナ編集部

この記事のライター:姫サブレ
プロライターとして活躍中。ビスケットよりクッキーが大好物♡鳩サブレなどのご当地有名スイーツは誘惑に負けて買ってしまう甘党女子な一面もあり。

最新情報をチェック
いいね!してね