茅ヶ崎の暮らしやすさは?

茅ヶ崎といえば、朝からサーフィンができそう、砂浜を犬と散歩したい…など、ゆったりした自然が身近にある暮らしが想像できる土地柄ですね。著名人の別荘地として発展したこともあり、洗練されたイメージもあります。そんな茅ヶ崎での暮らしについて紹介しましょう。

環境にあこがれる人が多い

茅ヶ崎・湘南といえば、サーフィン、マリンスポーツの聖地。東京からはJR東海道線や湘南新宿ラインでダイレクトに接続でき、観光地としても魅力的な江の島、鎌倉へのアクセスも良く、スローライフやロハスな暮らしができる…そんな環境に惹かれて、茅ヶ崎での暮らしを選ぶ人も多いですね。サザンビーチなどに代表される美しい海を見に、自転車で海辺の道を走る日常を想像するだけでも、「何だかいいなあ」と気持ちが盛り上がってきます。

・サーフィンがしたくて
・自然や海がある環境に暮らしたくて

そんな理由で茅ヶ崎に住み始めて、仕事の拠点も茅ヶ崎に移してしまったという方も多いようです。都心である程度修行期間を積んだので、30代からは暮らしも仕事も変えてみようといった場合にも、茅ヶ崎はとても魅力的な場所なのです。

茅ヶ崎での暮らしやすさや街の雰囲気は?

日常の利便性では、茅ヶ崎駅周辺から北西側のエリア(元町など)が、暮らしやすくファミリー層も多い住宅街となっています。駅ビル「ラスカ茅ヶ崎」は2015年リニューアルしましたし、ヤマダテックランド、イトーヨーカドーもあります。東海道本線北側には、イオンやニトリ、業務スーパーなど、大型店も多いです。東海道本線から南の地域は、ビーチに近く、江の島よりのエリアは高級住宅街があり、賃貸が少ないこともあって家賃が高めになっています。

「サザンビーチで毎日サーフィンしたい」と考えている方は、できるだけ海の近くに住みたいかもしれませんが、夏場はかなり盛り上がりを見せるので、落ち着かないと感じる場合があるかもしれません。観光地化している場所は、たくさんの人が出入りしますし、どんな暮らしを求めているかによって住むエリアを検討するとよいですね。

茅ヶ崎で暮らしたいと検討中なら…

一人暮らしなら、海に近いシェアハウス

・どんな生活スタイルを求めているのか整理する
・平日に気になるエリアを訪れてみる
・地元に詳しい不動産屋に相談してみる

海を優先した生活か、ある程度、交通や買い物の利便性をとるのか考えて、物件選びを進めるとよいでしょう。駅からサザンビーチまでは2km程度ですし、駅周辺に行政機関も集まっています。

一人暮らしなら、海に近いシェアハウスという選択もあります。

最新情報をチェック
いいね!してね