都心からもアクセス良好で、日々多くの方々で賑わうここ鎌倉。おなじみの江ノ電に沿って、数多くの観光スポットが点在しています。それ故に、どうやって回れば効率よく楽しめるのか迷いがちな鎌倉観光。「日帰りで鎌倉観光を楽しみたいけれど、どう歩いたらいいんだろう?」そんな疑問を解消するべく、さくっと回れて、まるっと楽しめる、湘南モアーナ編集部おすすめモデルコースを実際に歩いて紹介いたします。

【10:00】JR鎌倉駅から観光スタート!まずは銭洗弁財天宇賀福神社へ

銭洗弁財天宇賀福神社へ

品川からも一本で来れる、JR横須賀線鎌倉駅。ここから散策をスタートしていきましょう。まずは今日の観光で使うお金を清め、清らかな心で楽しむべく、銭洗弁財天宇賀福神社へと向かいます。鎌倉駅からは1kmちょっとの距離があるので、森の香りと木漏れ日の心地良さを感じながら、のんびり歩いていきましょう。歩くのが大変ならば、タクシーはもちろん、人力車で向かうのもアリですよ。

【10:30】銭洗弁財天宇賀福神社で、心身とお金を清めましょう

銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗弁財天宇賀福神社は、境内の清水にてお金を洗うと増えると言われており、銭洗弁財天の名で有名です。手水舎で口と手を清め境内へと進めば、滝の音が響くしっとりと涼しい雰囲気に包まれます。

銭洗弁財天の清水

まずは授与所でお線香とローソクを授かりましょう。参拝をしてから、洞窟の奥へと進みます。銭洗弁財天の清水は、江戸時代から伝わる「新編鎌倉志」にて鎌倉五名水として数えられており、洗ったお金が何倍にも増えて返ってくるとされています。

霊水で清めたお金

ザルの上にお金を置き、清水を汲んで3回ほど清めましょう。お札を清める場合は端に少しかけるだけでも大丈夫だそうですよ。霊水で清めたお金は、自分への投資や誰かへの贈り物など、有意義なことに使ってこそ富が巡るとされています。ただ「お金を増やすぞ!」と洗うのではなく、自分の心の在り方を見つめなおし感謝を込めて清らかに使いましょう。

さて、銭洗弁財天宇賀福神社の参拝を終えたら、小町通りへと足を延ばしてみましょう。

所在地〒248-0017 神奈川県鎌倉市佐助2丁目25−16
拝観時間8:00~16:30
アクセス鎌倉駅から徒歩で25分
お電話0467-25-1081
駐車場10台

【11:30】小町通りで食べ歩き名物を堪能。軽食からスイーツまで目白押し

鎌倉小町通り

数々のお土産物屋さんや雑貨屋さんが立ち並ぶ小町通りは、歩いているだけでわくわくしてくる鎌倉駅前の中心街。以前モアーナで紹介した『豆しばカフェ』もこの通り沿いにあります。ここではゆったりと歩きながら、様々な食べ歩きメニューを楽しむことができますよ。少し小腹が空いただけなのに、気づけばなんだか色々つまみたくなっちゃうのが食べ歩きの魅力です。

不動の人気、「鳥小屋」の熱々鎌倉コロッケ

熱々鎌倉コロッケ

小町通りの食べ歩きで不動の人気を誇るのがこの鎌倉コロッケ。テレビなどでもよく紹介されており、定期的に食べたくなる絶妙なおいしさです。一番人気の牛肉コロッケとさっぱり梅しそコロッケを買ってみました。

梅しそコロッケ

衣はサクッ!といい音が鳴り、中にはポテトと牛の旨みがずっしりと詰まっています。黒こしょうが効いたスパイシーな味付けで、気づけば最後のひとくちに。梅しそコロッケの方は軽い衣も相まって、まるで揚げ物ではないようなさっぱり感。爽やかな酸味としその香りがマッチする、ちょっと歩き疲れた身体に染み渡るやさしい味でした。

ごぼうの歯ごたえそのまんま。「はんなりいなり」のはんなり棒

はんなりいなり

揚げ物と対をなすさっぱりメニューなら、こちらの「はんなりいなり」。はんなり棒というスティックタイプのいなり寿司が楽しめます。ごぼうとしらすで迷いましたが、寿司からはみ出ているごぼうの存在感が気になりこちらを買いました。

寿司からはみ出ているごぼう

ニンジンのように色鮮やかですが、ごぼうです。一口かじると、ごぼうが「ポキッ!」と心地良い音を立てて砕けます。ほんのり甘いおあげと身体に良さそうな歯ごたえ抜群のごぼうのハーモニーを、ごまの香りが見事に引き立てます。こってりしたものが苦手な方はこちら!

「杉養蜂園」のはちみつソフトで、ひんやり甘いひとときを

杉養蜂園

食べ歩きが充実の小町通りではもちろんスイーツも豊富です。こちらは鎌倉駅前に3店舗を展開している「杉養蜂園」。ここでは、はちみつ味がふわりと香るソフトクリームが頂けます。

はちみつ味がふわりと香るソフトクリーム

ソフトクリームのコクのある口当たりに、はちみつのやさしい甘さがマッチする暑い日にはもってこいの冷たい美味しさ。ちなみにこのソフトクリームの写真を撮ってSNSにアップした画面を店員さんに見せると、スティックタイプのはちみつがもらえますよ!紅茶などに入れると華やかな甘さが楽しめます。はちみつソフトクリームを食べるなら、こちらの特典もチェックです。

【12:15】鶴岡八幡宮を参拝しましょう。広い境内と四季折々の情景が楽しめます

鶴岡八幡宮

小町通りを抜けた先にある鎌倉の中心となる神社、鶴岡八幡宮。広い境内には四季折々の花や、蓮が無数に浮かぶ大きな池など、鎌倉の四季を肌で体感することができます。ここは銭洗弁財天と並び鎌倉幕府初代征夷大将軍、源頼朝ゆかりの神社でもあり、境内を散策しているといたるところで鎌倉幕府の歴史に触れることができます。

鶴岡八幡宮の象徴であった大銀杏の樹

鶴岡八幡宮の象徴であった大銀杏の樹は2010年の強風により倒木してしまいましたが、その切り株からは新たな芽が息吹き、今では若い銀杏の木がすくすくと空に向かって伸びています。力強く天へと育つ大銀杏の姿は、訪れる人々に希望を与え続けています。

訪れると願いが叶う?パワー&願いの宝庫~鶴岡八幡宮

日本三大八幡の1つで、鎌倉時代から江戸時代までの武士達のよりどころだったようです。鶴岡八幡宮のみどころ、ご利益そしてパワースポットにふれながら、訪れる醍醐味をお伝えします。

訪れると願いが叶う?パワー&願いの宝庫~鶴岡八幡宮

所在地〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1−31
アクセス「JR鎌倉駅」東口から徒歩10分
 「江ノ電鎌倉駅」から徒歩10分
 「横浜横須賀道路・朝比奈I.C.」から5km
駐車場収容台数 40台+50台(大型バス8台)
営業時間 大型バス 9:00~17:00、普通車 8:00~19:30
駐車料金 平日・土日祝共 1時間600円。以後 300円/30分、バス1時間2,000円 以後30分 1,000円

【13:45】江ノ電に乗って長谷へ。一日乗車券『のりおりくん』がお得です。

鎌倉駅から長谷駅へ

鎌倉駅前周辺を歩き終えたら、江ノ電に乗って長谷へと向かいましょう。江ノ電鎌倉駅はJR鎌倉駅に隣接しているので、小町通りに沿って駅に戻れば迷うことはありません。長谷へと向かう道中は、車窓から見える鎌倉の日常を楽しむことができますよ。

のりおりくん

江ノ電に1日に2回以上乗車するなら、一日乗車券『のりおりくん(¥600)』がお得です。のりおりくんを提示すると、鎌倉・江の島の飲食店・観光施設・ホテルなどで様々な割引や特典があるので、観光の際はこちらを利用するのが絶対おすすめ。これ一枚あれば、江ノ電沿線が何度でも自由に移動できるので、気になるエリアがあれば気軽に足を運べます。

【14:00】長谷駅へ到着。鎌倉大仏さまを参拝しましょう

鎌倉から江ノ電に揺られること5分、長谷駅に到着です。長谷駅は鎌倉大仏さまがいる高徳院の最寄り駅、駅前に観光スポットが集まっているのですべて歩いて回れます。長谷駅から海を背にしてまっすぐ歩けば、お土産物屋さんの先に高徳院が見えてきます。

長谷寺拝観料

拝観料は大人(中学生以上)が¥200、小学生は¥150です。参拝券には大仏様と鎌倉市の市章であるササリンドウがデザインされており、ぜひ記念に持って帰りたい一枚となっています。

鎌倉の山々と大仏様

晴れていると、鎌倉の山々と青空を背に大仏様を拝むことができます。その高さ、台座まで含めるとなんと13.35m。境内に入ってすぐに現れる大迫力の大仏さまの圧倒的な存在感に目を奪われます。境内には大仏さまにちなんだ書籍や授与品が並ぶ直営売店や、お土産物屋さんが併設された、軽食が頂けるお休み処もあります。歩き疲れてしまったら、昼下がりの大仏さまを見上げてゆったりと休憩すれば、心もほっこり安らぎます。

所在地〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4丁目2−28
お電話0467-22-0703
開門時間4月~9月 午前8時~午後5時30分
10月~3月 午前8時~午後5時
一般
中・高校生
200円
小学生150円
大仏胎内の拝観料別料金 1 名当たり20 円
駐車場障害者用駐車場に限り用意があります。

【15:00】鎌倉半日観光の締めは大仏クレープで決まり

大仏クレープ

長谷駅からすぐの場所に2017年9月にオープンした「KANNON COFFEE」では大仏クレープが話題となっています。疲れた身体には甘いものを。大仏クレープで鎌倉観光を締めくくりましょう。写真は杏と和梨のクレープ(¥680)。+¥120で大仏ビスケットがトッピングされて大仏クレープになります。

ナッツや果肉ともちもち生地の食感が楽しいクレープは、甘すぎずコクのある味。お砂糖の甘さよりも素材の味が際立つ、見た目にも華やかでちょっと大人なクレープです。クレープでおなかを満たせば、気づけばこれで半日が過ぎています。鎌倉は半日あればこんなに楽しめてしまうんですよ。もちろん、お洒落な雑貨屋さんや大自然に包まれるハイキングコースなど、鎌倉にはまだまだ魅力が沢山。

訪れるたびに新たな発見がある鎌倉エリア。都心からも気軽に来れる場所だからこそ、さくっと羽を伸ばしに来ませんか?

ライター

ライター:Michel

クリスタルマジシャンMichelとして全国でイベント出演をこなす傍ら、故郷湘南の魅力を発信するライターとしても鎌倉江ノ島を行ったり来たり。自然と天然石とハンモックの上をこよなく愛する、マイペースな湘南ボーイ。

最新情報をチェック
いいね!してね